1. ホーム
  2. 箱根移動
  3. ≫電車・バスで、「東京箱根間」アクセスするコースご紹介

電車・バスで、「東京箱根間」アクセスするコースご紹介

東京から箱根までのアクセスは電車やレンタカー、バスなど色々あり、どのようにして行けばよいのか迷ってしまいますよね。
そんな箱根へのアクセスも、迷わず簡単に選べる方法があります。
今回は、目的地に時間のムダがなく箱根へ行けるアクセスの方法をご紹介します。

東京から箱根へのアクセスは、「電車とバスで移動するケース」と「電車・現地はレンタカー」の2種類がおすすめです。

新宿〜箱根湯本へ直通85分小田急ロマンスカー

展望席やサルーン(準個室)もあるロマンスカーで、箱根湯本まで直通です。
5種類の形があり、どれも景観が良く見える工夫を凝らしています。

85分間、景色を満喫しながら箱根湯本までのんびり駅弁でも食べながらのひと時を過ごせます。
車内販売のお弁当は「和食のさがみ弁当」「ロマンスカー弁当」「カツサンド」があります。
新宿駅にあるオレンジ色のロマンスカーカフェでちょっとした焼きたてベーカリーも持ち込めます。

料金表

大人 子ども
ICカード利用 2074円 1047円
現金 2080円 1050円

新宿〜箱根湯本へ小田急線 急行+箱根登山線で約105分

急行と箱根登山線を利用するとロマンスカーより時間はかかりますが、その分交通費が安くなります。
のんびりお出かけするなら急行も良いかもしれません。
電車ならではの情緒を楽しむことも旅の思い出です。

料金表

大人 子供
ICカード利用 1184円 597円
現金 1190円 600円

ロマンスカーより20分ほど遅くなりますが、大人一人あたり900円の節約になります。

箱根フリーパス切符を上手に使いこなすと格安になる?!

箱根登山鉄道や箱根登山バス(指定区間内)、ケーブルカーやロープウェイ、箱根海賊船、観光施設めぐりバス、バスオレンジシャトルなど8つもある乗り物が乗り放題のお得きっぷがあります。

車を使わないで電車とバスだけで箱根巡りをする場合おすすめです。

新宿から2日間コースのフリーパス料金は、大人5,140円、子供1,500円です。

箱根フリーパスは、乗車日の1ヶ月前より、小田急線全駅で購入できます。

箱根湯本でレンタカーを借りて自由に行動する

箱根湯本駅周辺には、徒歩4分ほどで2件のレンタカー店があります。
箱根周辺は、自分でドライブを楽しみたい方には、お勧めします。
あらかじめご予約をしないと当日は借りられない恐れがあります。
トヨタレンタカー:電話0460-85-6719  08:00~19:00
日産レンタカー:電話0460-85-5523 09:00~18:00

箱根にてレンタカーのメリット・デメリット

メリット

箱根湯本まで電車の旅をして、観光にはレンタカーを利用すると、自分たちのペースでのんびりと箱根巡りができます。
東京から箱根までの区間を運転していない分、ドライブ疲れもなく快適な周辺めぐりができます。
箱根ドライブに適した車や、家族の人数に応じて車種を選べます。
新しい車種に乗れるのも楽しみの一つです。

デメリット

箱根は旅の名所でもあり、シーズンや休日は渋滞しやすいことが予想されます。
箱根の名所をめぐるには、渋滞の可能性を考えなければいけません。
また、乗りなれていない車種、道での事故にも気をつけなければなりません。
レンタカー料金に加えてガソリン代も自己負担となります。
早めに予約をしておかないと、現地で車を借りられないこともありますので注意が必要です。

サービスアリアも楽しめる!車・レンタカーで東京から箱根までのコース

東京都内から箱根までの道のりを、自分たちだけの空間の車で移動しましょう。
途中のサービスエリアでの休憩も旅の醍醐味です。
各サービスエリアのお勧め品なども一緒にご紹介いたします。

車・レンタカーによる東京IC~箱根まで
車・レンタカーによる東京IC~箱根までの移動方法のご紹介です。

時期によっては渋滞も考えられますので、しっかりと計画を立てましょう。
途中のサービスエリア情報もご紹介します。

東京ー箱根湯本まで約70分

東京(東名高速)ー厚木IC(小田原厚木道路)ー小田原西(西湘バイパス)ー箱根口(1号線)ー箱根湯本

交通費:東名高速1280円ー小田原厚木道路720円(休日500円)ー西湘バイパスと国道1号線無料

深夜割引利用:東名高速900円ー小田原厚木道路500円

東京ー元箱根(芦ノ湖)約100分

東京(東名高速)ー厚木IC(小田原厚木道路)ー小田原西(西湘バイパス)ー箱根口IC(箱根新道)ー芦ノ湖大観IC(国道1号線)-元箱根

交通費:東名高速1280円ー小田原厚木道路720円(休日500円)ー箱根新道と国道1号線無料

深夜割引利用:東名高速900円ー小田原厚木道路500円
ターンパイク箱根を利用した場合:プラス720円

芦ノ湖大観の出口は、コーナー途中にあります。
スピードを落として走らないと通りすぎてしまう可能性がありますので注意しましょう。

東京ー仙石原まで(約90分)ー大涌谷まで(東京から約110分)

東京(東名高速)ー御殿場IC(国道138号線)ー仙石原(県道78号線)ー蛯子(県道735号線)ー大涌谷

交通費:東名高速2130円

東京IC~箱根口ICまでのSA・PAのご紹介

港北PA: コンビニ(ファミリーマート)

「K’s cafe・K’s Bakery」では、お手軽ワンハンドフード(神奈川ブランドのやまゆりポークが人気)やみちまるくんの「十勝アンパン」が味わえます。
「港北麺道場」では、横浜発祥のタンメンがおすすめです。
「横濱うまいもん亭」は、やまゆりポークとんかつ定食がおすすめとなっています。

無線LAN(Free Wi-Fi)があるので、道中でのネット接続も安心です。

海老名SA

和食の海鮮三崎港・海老名ご膳がおすすめです。

海老名茶屋:「えびえび焼き」は海老名SAの名物でナンバー1人気です。

ぽるとがる:ここならではの「メロンパン」。外はサクサク、中はフワフワの食感が人気。海老名の名物です。

他にも、カルビーの揚げたてポテトチップスが食べられる「カルビーキッチン」       「シュガーバターの木」「おにぎり」など有名な店舗が多数入っています。

平塚PA

コンビニとカフェ、自動販売機の施設があります。

小田原PA

富士山が見えるポイントとして有名です。

小田原の名産の梅干しやかまぼこが買えるちょっとしたショッピングと小田原名産の蒲鉾としらすのかき揚げ丼が食べられるフードコートがあります。

東京IC~御殿場ICまでのSA・PAのご紹介

東京ICから海老名SAまでは、箱根口までのコースと同じです。
海老名SAからのPAをご紹介いたします。

海老名SA-中井PA-鮎沢PA-EXPASA足柄が御殿場ICまでにあります。

入浴施設もあるEXPASA足柄のご紹介

ラーメン、レストラン、蕎麦屋、ロッテリア・ファーストフードなどグルメ店が多数入っています。
足湯カフェは人気で、金時山と富士山の眺望を眺めてフルーツジュースなどをお召し上がりいただけます。
入浴施設「柄浪漫館 あしがら湯」で運転の疲れをここで癒してリセットし、箱根までいきませんか。
こちらも無線LAN(Free Wi-Fi)があります。

まとめ

以上、電車・バスで、東京〜箱根間をアクセスするコースのご紹介でした。
これで電車で行けばよいのか、車で行けばよいのか、そして箱根に着いてからの交通手段についても整理できたと思います。

東京から箱根まで、電車の旅も、車の旅もとても楽しめます。
駅弁を食べる楽しさや、景色を見ながらの移動も楽しいひと時です。

箱根にアクセスする方法に迷いましたら、こちらの記事を是非参考にしてみて下さい。